2016年05月06日

「サラバ」西加奈子を読んで

西 加奈子
「サラバ」

危うくこの上下2巻の大作を読み逃すところであった。
何の予備知識もなかったのだが、図書館の新刊購入リストから選んで予約を入れておいた。なにやら直木賞を取ったとかで大人気のこの小説は、すでに数百人の予約者がいて何時になったら読めるのかわからなかったのだが、ともかく今読みたい本がなかったので予約を入れておいた。それが約一年前だと思う。ゴールデンウイーク前に図書館からメールが来てその本が届いたという。一年前のその本はすでに数百人の人の間をくぐって来ただけあって、表紙などかなりの貫録になっていた。続きを読む
posted by すしボーイ at 00:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大好きな本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。