2011年07月28日

「チヤホヤTV」のスタッフと渋谷のテラスで飲んだ夜

ここのところ灼熱な日々は過ぎ去って比較的涼しい日が続いている。最近、なかなかブログをアップできないでいるのだが、拙者に好意的でいてくれる人はおろか否定的な人までこのブログを丹念にみているということが最近わかってちょっとゾッとしていたのだ。でもまあ、曲りなりにも世間様に向かってものを言っているのだからいろんな人間がいるという事なので、そんな事でめげていてはいけないと反省している。




先週の金曜日に久しぶりに飲む機会があった。今僕がお手伝いをさせてもらっている「チヤホヤTV」の裏方を支えているA氏とI氏。そして役者のI氏である。夜の8時からのスタートだったので、僕としたらかなり遅めからの飲みだったのだが、かなり楽しい一夜を過ごす事になった。




場所は何と渋谷のど真ん中、あのマークシティーの隣にあるもつ鍋屋の外の特別席。つまりはテラスで食事会をした訳である。ちょっと肌寒い日だったので場所を変えるという案もあったのだが、無類の居酒屋のテラス席好きの僕としてはすぐさまここで飲み続ける事を半ば強引に主張した。



ここのところ会社勤めの頃のような飲みではなくて、純粋に酒を楽しむとか、歳の差も関係なくワイワイいいながら飲むのが気に入っている。全員僕より歳下な訳だが、僕の部下でもないので皆対等の関係で飲めるというのが実は気に入っているのだ。お得意様と飲んでいるのとも違って、会社の同僚と飲むのとも違って、まだ果てしない夢を追いかけている若い人達と飲むのはおじさんにとってもかなりの刺激になる。



彼らは「チヤホヤTV」というユーストリームで発信する番組を製作している。ここのところの技術革新は凄まじいものがあるのだが、ようやく滑り込みで地デジ対策をやっているようなアナログオヤジにとっても、ユーストリームの無限の可能性にはワクワクさせてくれるものがある。数年前まで地上波の深夜番組でやっていたような事を彼らは軽々とやってのけている。大げさではなく、今一番面白いのがインターネットでの動画配信である事は間違いない。




映画の話や、本の話や、音楽の話。そんな話をマークシティーの横のテラス席で大声で語りあうのもなかなかオツなものだと思った。こういう時代だから気持ちに響くもの、心に訴えかけるもの、嬉しい涙が出るもの、腹の底から笑ってしまうもの。そのようなものを人々が求めている事は間違いがない。大衆がいなくなったと言われて久しいし、小衆からソーシャルネットワークにコミュニケーションの方法が変わってはいるものの、僕はやはりその後ろには大衆が潜んでいる気がしてならない。



その大衆。つまりは今ニッポンにいる、あるいは世界に住んでいる人々の大半が求めているもの。求める感動はそんなに変っていないのだろうし、みんなが求めている事にそんなに差はないような気がしている。そしてその手法には芸術は欠かせないし、草の根のように例えばこの大東京の片隅で次の大衆に受け入れられる文化はすでに産声を上げているのかもしれない。


そんな事を考え始めると年甲斐もなく又眠れなくなってしまうのだ。


チヤホヤのテーマ曲です。これもなかなかのもんですよ。聞いてみてください。
IMG_0662.jpg

今日も読んで頂いてありがとうございました
応援のクリックもよろしくお願いします
人気ブログランキングへ
ありがとうございました
ラベル:チヤホヤTV
posted by すしボーイ at 09:36| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変楽しい時間をありがとうございました★
また、是非お願いします!!
Posted by あべし at 2011年08月01日 01:32
例会にしようぞ。テーマは外で飲むって感じかな。伊藤さん大丈夫かな、どこかで飲んだくれてないかねえ。
Posted by すしボーイ at 2011年08月01日 09:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック