2013年04月21日

日清カップヌードル CM「SURVIVE!グローバリゼーション」編を見て

最近テレビ番組であまり面白いものがないと嘆いていたら、コマーシャルで実に面白いものがいくつか出てきた。一つはこのカップヌードルのCF。実に今の世の中の風刺をしていて面白い。かなり共感を呼んでいるのではないだろうか。社内の公用語を英語にするという企業があるらしいが、僕はまったくそんな事はナンセンスだと思っている。人の考え方、あるいは結論に至るまでの経緯はその人の母国語で構成されている。まさに我々日本人であれば、関西弁であろうが江戸弁であろうが日本語こそが我らが日本人である源であり、日本人たるゆえんである訳だ。「何言ってんだあの社長は!」というこのCFの台詞は、そんなほとんどの普通の日本人の共感を呼んでいるのではないのだろうか。続きを読む
posted by すしボーイ at 11:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする