2013年02月01日

2月の朝に思ったこと

朝いつものように田園都市線の駅で電車を待っていた。急行で行こうと思ったので三人が並べるようになっている先頭に並んだ。僕より先に線路に向かって左に女性が立っていたので僕は右の端に並んだ。そのうち真ん中にも女性が並んで一番前が埋まった後、どんどんと2列目3列目にも人が並んでいった。今日は少し電車が遅れているらしく、少しの間ボーっと待っていたのだが、ふっと左を見ると、3人だった最前列がいつの間にか4人になっている。2列目以降は3人のままだ。つまり最前列だけ一人はみ出して横並びしていた。左端に突き出したように並んでいるのはもう70歳にも手が届くのではないかというオバはんである。
続きを読む
posted by すしボーイ at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

小沢一郎さん無罪のニュースを聞いて

小沢一郎さんが無罪になったというニュースを聞いた。こりゃまた小沢さんの鼻息が荒くなるわいという思いと、民主党もついにどうなっていくのか知らんというちょっと何とも言いようのない思いにとらわれた。「裁判というものは、本当の真実は何かという事を判断するものではなく、出ている証拠を基に今現在の判断をするのだ」という事を僕に話してくれた弁護士さんがいた。まさに小沢さんに関しても証拠不十分という事で無罪になったという事なのだろう。
続きを読む
タグ:小沢一郎
posted by すしボーイ at 15:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

村上春樹さん【非現実的な夢想家】になろう宣言

村上春樹さんがスペインのバルセロナでカタルーニャ国際賞を受賞した。多くの彼の小説が翻訳されて人気を呼んでいる事を考えるとこの賞を受けた事は驚きではないが、村上春樹さんの受賞スピーチを聴いて、身がチジこまるような想いとともに大いなる希望と生きる勇気をもらったような気がした。続きを読む
posted by すしボーイ at 09:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

木村綾子さん[朝日新聞のひと欄より]命をかけるということ

政治が商売に成り果て、自称「政治家」という商売人が政治屋を演じている昨今。今朝は新聞を読んでいて久しぶりにさわやかな気持ちになれた。朝日新聞の「ひと」欄である。木村綾子さんというアメリカ大使館で日米安全保証の仕事を7年間やっていたひとだ。その彼女が国からの要請で大使館から防衛省参事官に転じる事になったそうである続きを読む
posted by すしボーイ at 11:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

今日も笑わしてくれる日本の政治家たち

茶番劇とは
底の見え透いた馬鹿馬鹿しい行為や物事を言う。
あるいは結末の見えた芝居。

最近のテレビのバラエティやお笑いに新鮮さをあまり感じなくなっている我々にとっては、今回の国会のドタバタ劇はまったく出来は悪いものの、笑わせてくれるという意味ではそれなりに面白かったのかもしれない。そして不信任案が否決になったとたん、またしても言い逃れを続ける菅首相と岡田幹事長に「人間ウソはいけませんウソは!」などと真顔でかましてくれる鳩山前首相などもなかなかの役者ではある。「おっさん、ぎょうさんウソついて、確か国会議員も辞めるっていってたんちゃうノン」って突っ込みを誰もがお茶の間で入れられるぐらい、定石の漫才のような展開になっている。続きを読む
posted by すしボーイ at 10:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする