2011年09月20日

映画「アジョシ」★★★★★ #eiga

ここのところ面白い映画に当たってないので、今度こそはと公開前からそわそわしていたのだが、遂にこの「アジョシ」を観た。もう、ただただ圧巻のこの映画をどう表現したらうまく伝わるのか、さっぱりわからないが、やはり韓国人の人達の血の中に恐るべき情念というものがあって、それがやはりこういう映画などの表現にどうしても出てきてしまうのではないのだろうか。それも、ついつい出てきてしまっているというのが正しい説明のような気がする。僕のような呑気なニッポン人はうっかりしているとド肝を抜かれてしまうので注意が必要だ。続きを読む
posted by すしボーイ at 15:08| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

映画「シャンハイ」#eiga ★★

上海と聞いていつも僕は胸が躍るような気分がする。それはあの戦争の前の満州国があった頃の中国を思い浮かべるからである。誤解を恐れずにいうとあの頃の全ての日本人は中国大陸に憧れとロマンと限りなく明るい未来を見ていたのに違いない。

最近見る映画にあたりがないので辛いのだが、この映画はただのコン・リーの為の恋愛映画、そして第二次世界大戦の戦勝国である、中国とアメリカのお手盛りの映画である。それはチョウユンファやコン・リーが共演者だと聞いて出たくない日本の俳優はいないとは思うが、この手の映画に出演するときはよくよく脚本を読んで、映画の本質が、そしてテーマがどこにあるのかを見極めてからでないと駄目だと思う。続きを読む
posted by すしボーイ at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

おい、つまらねえぞ!

つまらない。

何がつまらないかと言うと、テレビがつまらないのである。

この間の日曜日の夜。どうしようかと思った。何もすることが無くなって、こういうときは珍しくテレビでも見るかとようやく地デジ化したテレビをつけたのだが、まったくと言っていい程見たい番組がなかった。

地デジ化の前にテレビのニュースでお婆さんが、これを機会にテレビは見ない事に決めたのでデジタルのテレビは買いませんと宣言していたのを思い出した。あの婆ちゃんの判断がヒョットしたら正しいのかもしれない。続きを読む
posted by すしボーイ at 11:09| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

映画「ツリーオブライフ」★

「父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった・・・」という一人の父親としてはショッキングなコピーに釣られて映画館に入った。久しぶりの映画である。311の後、見事に映画を見る機会が減ってしまった。それは自分自身にも色々な事があってそれどころじゃなかったという事なのか、そこいらの映画なんかぶっ飛ばすような大自然の映像を毎日毎日TVやYouTubeで見ていたからなのか、それはわからない。続きを読む
posted by すしボーイ at 13:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

「チヤホヤTV」のスタッフと渋谷のテラスで飲んだ夜

ここのところ灼熱な日々は過ぎ去って比較的涼しい日が続いている。最近、なかなかブログをアップできないでいるのだが、拙者に好意的でいてくれる人はおろか否定的な人までこのブログを丹念にみているということが最近わかってちょっとゾッとしていたのだ。でもまあ、曲りなりにも世間様に向かってものを言っているのだからいろんな人間がいるという事なので、そんな事でめげていてはいけないと反省している。続きを読む
ラベル:チヤホヤTV
posted by すしボーイ at 09:36| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

久しぶりの飲みや記事、恐るべし、武蔵小山の立ち飲み屋さん

まあ公は皆さんご承知の通り、原発をはじめ菅さんの事やナンヤカヤで色々な事が起こっている。おまけに私の方でもこれでもかこれでもかと色々な事が起こって、まさに公私ともテンヤワンヤの今日この頃なのだ。



そんなとき、やはりオッチャンの息が抜ける時間と言うのはこういう時間に違いないと改めて思った。この間の休日の昼間に東急沿線で新たにお店を始めたMさんのところを訪ねて、久しぶりにKさんと会った。一時頃駅で会ってその帰り。2時半ぐらいだったか、K氏が「この後どうなってます?」と聞いた。K氏は例の「ラーメン二郎」に僕を引きずり込んだ時も今回のようにさりげなく聞いたのだ、「この後どうなってます?」と。続きを読む
posted by すしボーイ at 16:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲み屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

三島由紀夫 「鏡子の家」★★★★ 

この人の小説を僕はキチンと読んだ事がない。確か中学生の時に図書館にあった「金閣寺」を読みはじめてさっぱりわからなくて途中でやめてしまったってことがあったぐらいの話だ。ところがどうも最近のこのニッポン国のあまりにものドタバタ劇にあきれかえっていると、あの市ヶ谷の自衛隊の駐屯所で自分の腹をかっ捌いた三島由起夫さんの事を思い出してしまっていたのだ。続きを読む
posted by すしボーイ at 10:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大好きな本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

村上春樹さん【非現実的な夢想家】になろう宣言

村上春樹さんがスペインのバルセロナでカタルーニャ国際賞を受賞した。多くの彼の小説が翻訳されて人気を呼んでいる事を考えるとこの賞を受けた事は驚きではないが、村上春樹さんの受賞スピーチを聴いて、身がチジこまるような想いとともに大いなる希望と生きる勇気をもらったような気がした。続きを読む
posted by すしボーイ at 09:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

木村綾子さん[朝日新聞のひと欄より]命をかけるということ

政治が商売に成り果て、自称「政治家」という商売人が政治屋を演じている昨今。今朝は新聞を読んでいて久しぶりにさわやかな気持ちになれた。朝日新聞の「ひと」欄である。木村綾子さんというアメリカ大使館で日米安全保証の仕事を7年間やっていたひとだ。その彼女が国からの要請で大使館から防衛省参事官に転じる事になったそうである続きを読む
posted by すしボーイ at 11:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

日本人の事、ニッポン人の事、にっぽん人の事。

久しぶりの自由が丘の事務所に来ている。いつものように自分の魔法瓶にコーヒーのショートを入れてもらって2階のカウンター席に座った。最近では電源を自由に使えるようにコンセントがいくつもついているから、僕のようにPCを開いて仕事を始めるにはピッタリで、周りにも会社に出勤する前のサラリーマンの兄ちゃんや姉ちゃんが座って一心にキーボードをたたいていたりする。今日は先月河口湖にカフェをオープンした先輩の話を聞きにこの自由が丘事務所に来た。続きを読む
posted by すしボーイ at 09:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする